今だからこそおすすめ!アットホームな家族葬のメリットと注意点

日本でも急増中!ゆったりした雰囲気で故人を送り出せる家族葬

日本でも急増中!ゆったりした雰囲気で故人を送り出せる家族葬 日本だけでなく、世界規模で浸透しつつある家族葬は、限られた人数の参列者と身内のみといった少人数で執り行う形式の葬儀スタイルで、故人をゆったりと送り出せることが大きなメリットです。そのため、今後もスタンダードなお葬式のスタイルとして広く定着するだろうと見られています。

日本国内で家族葬が急速に浸透しつつあるのは、日本人の宗教意識の変遷が背景にあります。通夜をはじめとする一連の弔いの儀式は長らく、日本人にとって宗教意識に根ざした文化として位置づけられてきました。個人の死というのはきわめてプライベートなイベントであったとしても、それが一種の宗教的行為として認識されている以上、完全なるプライバシーであるとは言えず、むしろパブリックな要素を含んだ儀式としてコミュニティの間で共有されてきた経緯があります。

そのような流れの中で、近年家族葬というスタイルが人気を集め、一般に広く受け入れられつつあるのは、トータルコストや事前準備など現実的な面で多数のメリットがあるだけでなく、死という現象そのものをどのようにとらえるかという精神性が大きく変化してきたことも挙げられます。身内の誰かが急に亡くなった、もしくは長らく懇意にしてきた大切な人を弔うことになったが、あまりにも急なことで手の込んだ準備ができず、大げさにはしたくないため、できることなら少人数で執り行うことのできる家族葬を選択したい。このような場合、故人と残された家族のニーズを余すところなく叶えるには、どのようなプロセスをたどることが必要になるのでしょうか。まず、一般的に家族葬にかかわらず、葬儀は葬儀社選びからはじまります。葬儀社は理想の葬儀をつつがなく執り行うための頼れるパートナーであり、信頼すべきアドバイザーでもあります。

葬儀社の選び方によって、家族葬の充実度が大きく変わりますし、より現実的な話になると、トータルコストなどのばらつきも無視できないレベルになってきます。このコラムでは、はじめての家族葬を心から満足できるものにするためにあらかじめ押さえておくべきポイントや、葬儀社選びにおける注意点、故人の理想を最大限に汲み取るための話し合い方について詳しくまとめています。家族葬について、何となく魅力を感じているけれど具体的なことがよく分からないという人も、既に家族葬を経験してどこかに後悔が残っているという人も、ぜひ参考にしてみてください。

トピックス